占い師の選び方

basic_02

電話占いの良いところのひとつは、空いた時間にいつでも占ってもらえることですよね。
すると、実際には占ってもらいたい占い師が空いておらず、結局たまたま空いていた占い師に占ってもらうということも多いそうです。
ですが実際には「占い師」というのは資格などのいらない仕事ですから、しっかりと調べて「この人に占ってもらいたい!」と思えるような占い師に占いをお願いしたいものですよね。
では占い師はどのように選んだら良いのでしょうか。

プロフィールにしっかりと目を通す

顔が見えない電話占いだからこそ、その人を知る手がかりであるプロフィールにはしっかりと目を通しましょう。
そもそもプロフィールの文体や得意とする項目などが「何か違うな?」と思う人に占ってもらうのはやめましょう。
電話占いでは、声だけを頼りに占い師の話を聞くことになります。
その言葉選びや口調が自分と合うかどうかは、プロフィールからでもある程度伝わってくるでしょう。
もちろん「当たるならそんなことは気にしない」「もともと占い師は自分とは違う世界の人だから、言葉選びが自分と合わなくても構わない」というのであれば問題ありません。
ですが、言葉選びがあまりに独特だと、何を言っているのか伝わってきにくいことがありますので注意してください。

口コミを調べる

インターネットの体験談や掲示板などにも、電話占いの占い師の情報が乗っています。
「人気があるかどうか」「体験した人は満足しているかどうか」など、占い師の実力を測ることも大切ですが、「クレームが出ていないか」「問題のある占い師ではないか」など、その占い師が信頼に当たるかどうかについても確認しましょう。

電話占いは個人情報も扱いますし、占い師にはちゃんと占ってもらえるように、信頼して様々なことを話さなければならないかもしれません。
もし、電話占いを「自分の未来を決める重要な選択」について、参考情報を得るために行うなら、できるだけ良い占い師に占ってもらいたいですよね。
しっかりとリサーチして、納得のできる占い師を探すようにしましょう。