インスピレーション

shutterstock_331488422

インスピレーションと聞くと、どういったことを思い浮かべるでしょうか。
ビジネスの世界でも「インスピレーションが沸いた!」などということは、時折あるのではないでしょうか。
日常から起きるように身近な言葉ではありますが、実際に「インスピレーション」ってどういうことなのでしょうか。

インスピレーションってどういうこと?

神の啓示に導かれたかのようにひらめいて高まる。精神の働き。とされています。
「神の啓示」といわれるように、スピリチュアルな側面と「精神の働き」というように人間の内面的なものの両方の意味合いを持っています。
つまり「インスピレーション」という言葉を利用する人、感じる人によって、「神の啓示」と解釈する人と「内から湧き出てきた(経験などにもとづいた)ひらめきだ」と感じる人がいるということです。
人によってもそうですし、そのひらめきの感覚的なところから、外的なひらめきか内的なひらめきかを決定づけることもあるかもしれません。

インスピレーションを刺激するには

インスピレーションは、何も特別な人だけが体感することではありません。
ですが、「直感」や「第六感」「天啓」などといった、神がかったものと解釈されることもありますから、なんだか常人には無い力のような気がしてしまいますよね。
ですが、そうした「第六感」を鍛える場として、美術館に行く、さまざまな「したことの無い経験」をするなどをして感覚を鍛えることで、直感や第六感などの「感覚」に出会いやすくできるようです。

インスピレーションが「神の啓示」ということは、「沸く」という言葉はなんだかそぐわない感じがしますね。
ですが、神が私たちの心の奥底にささやいているのだとしたら、私たちが「自分の中からひらめいた」と錯覚してしまうのも無理はないのかもしれません。
鈍感になってしまうとそうした感覚にであうことは少なくなってしまうかもしれません。
できるだけ自分の感覚を研ぎ澄ませるような場所や経験をし続けていきたいですね。