タロット

shutterstock_707535

「占い」と聞くと、一番最初に思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか。
占いの中ではかなりオーソドックスな「タロット」ですが、実はタロットについてよく知らないという人も多いのではないでしょうか。
タロットって何枚なの?何ができるの?どういうものなの?
そんなタロットについて、ご紹介します。

タロット占いってそもそも何?

タロット占いとは、タロットと呼ばれるカードを使った占いのことです。
タロットカードの枚数は、大アルカナ22枚と、小アルカナ56枚の78枚のカードで行われます。
タロット占いを行う人のことを「タロット・リーダー」と呼びます。
占い方は、まずタロット・リーダーがカードをシャッフルし、そこから偶然に出てきたカードによって質問の答えを導き出します。

タロットの基本原理

偶然出てきたカードから質問の答えを読み解くなんて、なんだかインチキじゃない?と思うかもしれませんが、
タロット占いでは、「偶然出てきたように思われるカードには、質問者に対して何らかの意味を持つ」という考えに基づいて、カードの意味を紐解きます。

トランプのようなカードで、誰でもできる?

タロット占いは、カードと占いの方法さえあれば、だれでもできるような気がしますね。
確かに、方法もシンプルで、誰にでも行うことができるでしょう。
ですが、カードの意味を78枚分記憶しなくてはなりませんし、そこから質問者の悩みを読み解くために、質問者の質問を読み解く理解力や、そこからカードの意味を掛け合わせて考える発想力、質問者が言葉にできていない部分を察する力など、さまざまな能力が必要でしょう。
もちろん、これらは「生まれ持った才能」というわけではありませんから、習得することもできるでしょう。
ですが、対話により質問者の悩みを解決する、もしくは解決の手助けをするという点では、カウンセラーに近い部分もあるのかもしれません。

質問内容に合わせてカードを読み解いていくので、オールマイティーな悩みについて占うことができる占術でしょう。